[沿革]
- わかくさスピリット -
  1946年3月
わかくさは静岡県駿東郡小山町に、主に女性向けのお店として創業されました。
社名は、新緑の草花がいっせいに芽吹く、希望に満ちた季節に由来しています。

1972年
株式会社富士スピードウエイ様との取引開始にともない東京営業所を開設。以来、35年を越えるお付き合いのなかで、お客様を大切にすること、商品のクオリティ をすべてに優先させることを理念として実践してきました。
- そして、オリジナリティの追求へ - 
  2003年
フランス・ヘネシー社のプロジェクトでリサイクルレザーを知り、スマートなペンケース&ボールペンを製作。
このときにリサイクルレザーこそ、地球環境をとりまくエコロジーの要望に応える 素材であることを実感。
- 時代に共鳴する感性 -
  2007年
リサイクルレザーの魅力と可能性の追求のために、ABCDESIGNを主宰する川崎修司氏と、わかくさとのコラボレーションから(WA)のコンセプトが誕生。

2008年2月
多くの試作を経てメモ&ペンスタンドのメモ虫が誕生。
「第66回 東京国際ギフトショー」に出品し好評のうちにデビュー。2008年12月、意匠登録を受理されました。
- waへ - 
  人の和、世界のわ、まあーるい地球のわ。わ、和、環。リサイクルレザーから生まれた製品が少しでも人の心をなごませてくれることを願ってと名付けられた
これからもさまざまな製品へとデザイン展開をし、ひとつずつ世界へ旅経たせていく予定です。